Admin
もるぱぱ日記
  ------ ----
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |
  20061019 0117
行ってきました
最近何かと話題と写真が少なく、秋の空のように寂しい気分で一杯です。
あっ、ども。もるパパです。

今朝、ブログを更新していった通り”広島ドッグパーク”へ行ってきました。

今回の僕のミッションは、”ぐちゃぐちゃになった電話配線とパソコン配線をきれいにしてちょでした。

で、結果といえば・・・・・。
もちろん大成功。でも、10時間くらいかかりました。

元の電話工事をしたNTTとパソコン配線をした業者に異議あり
というのも、場所を考えろよ
いくら事務所だからって、犬達がわんさかいる所でケーブルはむき出し。ただでさえ狭い事務所が余計に狭く感じた。
犬達も行動範囲を制限されて可愛そうだった。そこは、ボランティア団体の人達が飼っている犬がたくさん。大型犬がざっと4・5頭小型犬も3・4頭はいた。
工事をする者は、しっかりと相手の環境を考えて施工するべきだと思う。
今回大変お世話になった、羽虎パパとママ達は急いでネットを繋いだからしょうがないんじゃない と怒る僕をなだめてくれてました。僕的には、仕事としてやった以上満足してもらえる仕事をして欲しかった。

そんな大変な中、一つだけいいことがあった。

それは、2年くらい前にうちのママと行った”ドッグパーク”に居た看板犬の小雪と再開できたこと。
密かに僕の中で、逢いたいなぁ~。元気かなぁ~。って心配していた。

それを見事実現してくれたのが、羽虎ママだった。
大型犬が隔離されている所へこっそり行き、リーダーの人に直接交渉してくれた。許可をくれた人も、今日僕が工事に来ていることは知っていたので、快く許可してくれた。

初めに見た犬(うちのママもこの子じゃないかな?って言っていた)は、確かに似ていたけど、何かが違う。小さすぎる。確かに虐待を受け体は小さくなっているにしても、骨格は変わらないと思ったから。

リーダーの人と羽虎パパも一緒になって見てくれた。でも、僕の話を聞く上で、みんなも違うと思っていた。

次の瞬間、リーダーの人はビックリすることを教えてくれた。
もう一頭この子に似ている犬がいるよ もしかしたら、その子じゃないかな

僕は思わず、居ますか違ってもいいから、見てみたいとお願いをした。
嫌な顔一つせず、いいよといって別の部屋へ案内してくれた。

扉を開けると、大型犬だけど痩せこけながらも元気に歩き回っている子がいた。僕達を見るなり、寄ってきた。
リーダーの人が名前を呼んだ。(今の名前は覚えてません・・・・)

すると、その子はいきなり僕にのしかかってきた。

あっ、こいつ絶対小雪だ。確信した。ずっと心配していたのと、逢いたかった気持ちが一気に晴れた。
やっぱり顔も変わってなく、前足もしっかり太い懐かしい感触。
しかも、真っ先に僕へのしかかってきた。本当に嬉しかった。

小雪との再開で今日は工事は終わらないかなって思っていた僕は、その後黙々と工事を再開して、無事に終了した。

いろんな思いがこみ上げてながら。

まず、考えて欲しいのが、里親希望で来る人。
300頭以上いる行き場の無い犬達をタダで貰えるから引き取ろうって考えの人が存在する。自分が逆の立場だったら、どんなに惨めで悲しい動物は物では無く、生きている。だから、感情もあるし、人にもなつく。ドッグパークに居る犬達を傷付けたのは、人間。だから、ボランティアの人達が一生懸命世話をしなが、生きさせようと努力している。そんな人達がいるから、犬もまた人間を信用しようとしている。努力している人達の気持ちを引き継いでほしい。引き取りに来るなら、責任が十分にのしかかるってことを自覚して欲しい。

次に、広島市と県。
広島で起こったこの悲惨な現状を見逃す姿勢。悲しいことに、自分達の県で起こったことを他県の人達が中心になって何とかしようとしている。じゃあもともと、営業許可は誰が出したの勝手に出来る訳ない。なのに、広島市は悪徳業者を告訴しない誰が考えてもおかしいだろう。確かに告訴すれば、すべて終わりという訳ではない。告訴をして、この悲惨な現状を一人でも多くの人達に知ってもらい、もう一度全国にある施設に考え直してもらうことも大切なんじゃないの告訴すれば、終わりじゃない。始まりなのよ。今どれだけの動物が人間の犠牲になってると思うなのに、よその国で核実験やればすぐに、講義文章出す。出しても相手の国から言われるよ。”お前の所は、動物を虐待してるじゃないか そんなとこの言うこと聞けるか”ってね。動物も守れないのに、人なんてもっと守れないんじゃないの

今日僕は、ドッグパークへ行って良かったと思ってる。
なぜなら、人も動物も助け合わなければ生きて行けないって再認識できたから。

僕のブログを見て、じゃあお前が引き取ればっていう人が居るかも知れない。そうしたいけど、すぐには出来ない。だから僕は自分の持っている技術を提供した。大きいことは、出来ないけれど小さいことは、やろうと思えばすぐにでも出来る。
それに、またドッグパークへ行き自分が出来ることをやろうって思えたよ。

最後に
今日、僕に車を貸してくれたジュンママとパパ。二人が居なければ大量の工事道具一式は、運べなかったよ。
僕と小雪を逢わせてくれた羽虎ママ。ずっと工事を手伝い見守ってくれた羽虎パパ。この二人は、犬達に大きな愛情を注いでくれてる。きっと、犬達も感謝していると思います。それに、僕を小雪の所へ案内してくれたリーダー(名前分からん。ごめん)。この人とも逢わなければ再開は無かったと思う。で、一生懸命ドッグパークの現状を話して僕を行かせた、うちのママ。

みんな、ありがとう

あっ。あと約一名。
僕が帰って来てもケージの外へ出してやれない、我が家のアイドル”もるたん”
・・・・・・・・・ごめん

だって、ブログ更新中でもずっと後ろで睨んでるんだもん・・・・・。
明日、たっぷり遊んであげるからねぇ~。


スポンサーサイト
日記 | CM(4) | TB(0) |
  コメントの投稿
 
管理人にのみ表示する
 
  コメント
10時間も掛かったんだ。大変でしたね。
でも小雪さんに会えたんだ。
良かったね^^
今回の事でほんとに色んな人の温かい思い。嬉しいね。人って捨てたもんじゃないね。

<努力している人達の気持ちを引き継いでほしい。引き取りに来るなら、責任が十分にのしかかるってことを自覚して欲しい>
私も賛成。命を引き継ぐんだもの。ブランドをもらうんじゃない。
責任もって裏切らないで最後まで守ってあげて欲しいです。


私も自分に出来る事を頑張っていくよ。
ありがとうね。パパさんこれからも応援していますね^^
20061019 0842 | シュナまま | URL | EDIT |
もるパパさん へ

ありがとう。
ありがとう。嬉しい!
朝のパパの顔、少し不安そうだった・・・
でも、帰ってきたパパの顔、すっごく優しかった!
疲れたね~。お世話になりました~。
ありがとうね~。

今度はいっしょにボラに入ろう。
ママさんがいっしょに働きたそうな顔してたよー。

お疲れさんのビール持たせてあげれなかった。ゴメン!

小雪への思いが届いてよかった!
もらい泣きでした。涙腺完全に破壊だよ。
20061019 0940 | JUN母 | URL | EDIT |
ども。今回のボランティア参加でたくさんの人からありがとうって言われた。
今まで自分の仕事で心からありがとうって言われることも少なく、一つの言葉としてでしか受け入れて無かった気がしたけど、それもなくなったよ。
10時間かかって工事したけど、正直苦痛でもないよ!楽しかったから、本当にいい経験をさせてもらったって思う。逆にこっちがありがとうって言いたいくらいです。
これからも、応援お願いします。僕も応援しています。何事も諦めずに頑張りましょう。
20061019 2219 | もるパパ | URL | EDIT |
帰ってきたとき顔が優しかった・・・・・・・?
う~ん。いつも優しい顔してるつもりなのにぃ~・・・・・・・・。まぁ、顔のことは置いといて。
一番小雪に逢えたことが嬉しかった。
みんなに感謝です。

あっ。ビールは、今度でいいからねぇ~。
20061019 2230 | もるパパ | URL | EDIT |
| ホーム |
❖プロフィール

もるぱぱ

Author:もるぱぱ
もるぱぱ日記へようこそ!

うさぎの*もるたん*
暮しています

❖FC2カウンター
❖リンク
❖月別アーカイブ
❖FC2ブログランキング
❖ブログ初めてみませんか
Copyright © もるぱぱ日記.
Design by ShuLiu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。